株式会社シグマクシス 評判の求人応募サイト


株式会社シグマクシス 評判の求人応募サイトに注目!

株式会社シグマクシス
シグマクシス新卒採用

シグマクシスは企業の経営課題の解決に向けたコンサルティングサービスを主要事業とする会社です。また、リアルビジネスとして共同出資によるジョイントベンチャーの設立やジョイントビジネスの立ち上げ、投資活動によるベンチャー企業の成長支援なども行っているようです。

コンサルティングサービスで培った資金やネットワーク、ノウハウなどを基にリアルビジネスを展開し、更にリアルビジネスでの経験によりコンサルティングサービスを拡充させていく相乗的なビジネスモデルを構築している会社です。


株式会社シグマクシス 評判の求人応募サイトの企画内容

デザインの印象

株式会社シグマクシスの採用サイトから受ける印象・雰囲気は、次のようなものがあります。
  • ナチュラル・ネイチャー
  • シック
  • クール
  • 幻想・神秘的
  • フォーマル


サイトカラーのイメージ

株式会社シグマクシスの採用サイトは、白をメインカラーにしています。
この白という色は、見た人に次のような印象を与えます。
  • 清潔
  • 潔さ
  • 美しさ
  • 純粋
  • 神聖
  • 天国


デザイン・サイトカラーを一言でまとめると

オフィス写真のスライドがトップビューを飾るシグマクシスのサイトは、無駄のなさを感じるサイトデザインとなっています。下へスクロールしていくと各セクションが表示され、その背景にはシグマクシスのオフィスの写真や動画が。ひとしきり下までスクロールしただけで、イメージが沸いてきそうです。

各コンテンツページでは、ページ単位の情報量が多いことに気が付きます。ページを明確に分け、それぞれのページでは図や画像を活用するなど、効率的に情報を伝えるような工夫が感じられるサイトです。


サイトの基本情報

サイトタイトル

シグマクシス新卒採用


キャッチコピー

「美しい明日づくり」を目指して


応募者向けコンテンツ内容

Business

「Vision」・「シグマクシスのフィールド」・「シグマクシスのあゆみ」・「シグマクシスのコンサルティング」・「シグマクシスのネットワーク」・「会社概要」と、シグマクシスの会社情報から仕事内容、何を目指していくかという点まで広く知ることができるコンテンツです。

情報量は多いですが、写真やイラストが各ページに多く挿入されているので、視覚的なイメージを描きながら会社のことを理解していけるのではないでしょうか。


Work Style

こちらは「先輩社員の一日」・「『自立』と『自律』」・「ワークプレイス」・「ライフワークバランス」といったコンテンツがまとめられています。

「先輩社員の一日」では、2名の社員が紹介されています。どちらもかなり細かいタイムスケジュールが掲載されているので、一日の業務の流れをより具体的に知ることができるでしょう。
他にも職場の雰囲気や会社の風土が分かるコンテンツが集まっていますが、特に「ライフワークバランス」は注目。
本来の「ワークライフバランス」ではなく、「ライフ」が先に来るべきだというシグマクシスの思いが綴られています。


印象的な企画

Career

「プロフェッショナルへの道筋」として紹介されている8名の先輩社員。年齢も異なり、様々なバックグラウンドを持つ社員一人ひとりがそれぞれの言葉で仕事や会社、将来について語っています。

また、「能力開発の考え方」では、シグマクスの評価制度が図表で具体的に紹介されています。「プロフェッショナル」として挙げられているプロ野球選手の例も非常に分かりやすいです。

特に印象的なコンテンツは「新人座談会」。入社1年目新人社員5名に入社6年目の先輩社員2名が加わった計7名によるクロストークです。テーマはシグマクシスの新人研修となる「エントリートレーニング」。研修内容も紹介されているので、シグマクシスを志望する際には一読すべきだと言えます。


株式会社シグマクシスの業界

どんな業界?競合企業はどこ?

企業と企業、企業と人財を結び付けるコンサルティングサービスを提供しているシグマクシスは、サービス業界といえるでしょう。サービス産業には多くの分野が含まれ、そのビジネスモデルも多様といえます。しかし、全てに共通しているのは「顧客のニーズを的確につかみ、それを満たすようなサービスを提供していること」。分野としては、旅行やレジャー、福祉、外食などが主に挙げられます。

競合企業としては、三菱総合研究所、野村総合研究所などが挙げられます。


同業界で他の評判の求人応募サイトをチェックする!

「サービス」で紹介した企業は下記があります。

  • 最終更新:2019-02-15 10:58:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード